FC2ブログ

betsm's life

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: シューズ

Tags: アイテム  スノーハイク  ハイキング  低山  

Comment (0)  Trackback (0)

本気の長靴 「カミック ハンター」 ー今期の豪雪を乗り切ったー



初冬まではホームセンターで購入した5年物の長靴でしたが、さすがにゴムがボロボロ、穴も空き始めていました。買い替えに際して、少しでも値段が高くなってもいいものが欲しいと思い調べてみることに。


KEENやソレルのウインターブーツも考えましたが、なんだかんだゴム長が一番だろうと判断し、長靴を集中的に調べると「カミック」という名前がちらほら。
カミックというブランド。いままで聞いたことがありませんでした。


「カナダで100年以上の長い歴史を歩んできた。kamikとは、イヌイット語で「足を覆うもの」を意味している。カナダの厳しい自然のなかでもパフォーマンスを発揮できるよう、独自性・耐久性・信頼性にこだわり、履き心地に優れた頼もしいアウトドア防寒ブーツを作り続けている」との説明がありました。


1600231_578.jpg

自分が選んだのはハンターというモデル。ラインナップの中では下位モデルですが、そこはカナダブランド。ゴムの質、剛性感、作りの良さ、どれをとってもすばらしい。
中には8ミリ厚のフェルトがインナーとして収められています。氷点下40℃まで対応とのこと。
さすがにその温度までは無理だと思います。


サイズ選びは悩みました。ランニングシューズのようなフィット感ではなく、さっと履いたり脱いだりしたいのである程度のゆとりは必要だと思い、大きめにしようと考えました。
販売店の方にお聞きしたところ、幅はゆったり目ということでした。

シューズであれば27.5㎝が適正サイズ。
ひとまわり大きい28㎝を選べば、ゆったり目の設計と相まってかなり余裕があるだろうと28㎝を購入。

届いたものを履いてみると横幅のゆとり感がゼロ。無理しないと履けないくらい。
なんとか足は全部入ったけど当たりがある。購入してしまったので我慢して履くことに。

1週間ほど履き続けてみるとなんだかいい具合に馴染んできた。それはフェルト生地のインナーが潰れてきたことによるものでした。
今では気になっていた当たりも感じません。

IMG_7962.jpg


今冬は1番寒い日の気温が氷点下6℃でしたが、寒さをまったく感じません。
また、ニュースでも報じられたように北陸地方は降雪量が多いため除雪ばかりでしたが、ストレスなく使用出来ました。


IMG_7975.jpg

購入当初より考えていた長靴での雪山ハイクも快適そのもの。早くも今年のBEST BUYか!






関連記事

Comments










プロフィール

betsum

Author:betsum
ハイクとトレイルランニングを楽しんでいます。
いつかはOMMに出場したい。

おすすめ商品
amazon
検索フォーム

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。